思春期こめかみニキビ

思春期のこめかみニキビができてしまう原因

 

画像

ニキビは毛穴に汚れや古くなった角質や皮脂などが詰まってしまい
ニキビの原因となるアクネ菌が皮脂や油を好んで増えてしまうので
白血球がアクネ菌を減らすために活性酸素を使って攻撃します。
この時肌に炎症ができてニキビの原因になるので
ニキビは毛穴の詰まることでできてしまいます。

 

思春期とは中学生前後から高校卒業くらいまでの第二次性徴といわてれ
心身ともに成長、発達する時期のことです。
この思春期に体の発達に伴い成長ホルモンが盛んに分泌され
男子はヒゲなどが生え始め男らしい体型になったり声変わりしたりして
女子は乳房の発達や丸みを帯びた女性らしい体型になっていきます。

 

成長ホルモンの関係で男性ホルモンが過剰に分泌され
男女ともに皮脂が多く出てきます。
このときにおでこや鼻やこめかみなどの皮脂腺が多いところに
皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすくなってしまうのです。

 

画像

ニキビの初期段階やニキビができる前に髪の毛が触れていることで
刺激でニキビができたり悪化したりするので
こめかみにニキビができてしまった時は髪型を変えたり
ピンで留めたりして髪の毛が触らないようにしましょう。

 

またファーストフードやコンビニなど脂っこい食事や
甘いものの過剰摂取などでも皮脂が増えやすく
夜更かしや睡眠不足も皮脂が出やすくなります。

 

思春期は新陳代謝が盛んで部活動や体育などで汗をかいたら
すぐに洗い流して常に清潔にしていることが大切です。

 

ニキビができたからといって過度なスキンケアは逆効果を産みますが
こまめな洗顔がとても有効になります。
洗顔料を使った洗顔は1日2回程度にしておきましょう。