こめかみニキビ洗顔フォーム

洗顔料の選び方

画像

ニキビができやすい人やニキビができてしまった人は気になって
スキンケアを頑張りすぎている人が多いようで
逆に肌に負担がかかって悪化してしまうことがあります。

 

特にニキビができた時は洗顔が大切ですが1日に何回も洗顔するのは
肌が傷ついてしまったり必要な皮脂や保湿成分まで洗って
乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。
多くても朝晩の2回、乾燥肌や敏感肌の人は朝は水洗顔でも大丈夫です。

 

市販の洗顔料はオススメできません。

 

画像

市販の洗顔料のほとんどは合成界面活性剤と言って石油で出来た洗浄成分で
洗浄力が強力なものが多く

 

ニキビ肌にとても刺激が強い

肌が傷つきやすい

必要な皮脂や角質やバリアの効果のある成分まで洗い流す

保湿成分が流れて乾燥の原因になる

 

このような特徴がありとにかく洗浄力が強いので
肌が弱い人などにはオススメできません。

 

界面活性剤とはシャンプーや食器用洗剤などに含まれていて
水と油の本来混ざらないものを合わせる乳化作用によって
油汚れを落としたりします。

 

界面活性剤自体は悪いものではないので
石油系の合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるので
ニキビ肌や敏感肌などには使わないほうがいいと思います。

 

石油や天然系やアミノ酸系などあり
こめかみニキビには界面活性剤の入っていないものや
天然系のものが肌にやさしく汚れもちゃんと落とせるのでオススメです。

 

洗いあがりがしっとり?さっぱり?

 

画像

合成界面活性剤で洗っていると洗浄力が強いにも関わらず
しっとり仕上がることはありませんか?
保湿成分などが剥がされてしまっているのにそこに
しっとり感じる成分でごまかされているからです。
洗顔をしてつっぱるのは皮脂や汚れなどがとれて当たり前のことなので
しっとりとした感覚に惑わされないようにしましょう。

 

ニキビ肌に効果のある洗顔料はセラミドなどの保湿成分が入っていたり
炎症を抑えてくれるものやピーリング効果のあるものを選びましょう。

 

ピーリング効果のある洗顔料は毎日使っていると必要な角質まで
溶かしてしまうことがあるので週に2回など適度な間隔で使いましょう。