こめかみニキビ洗顔

こめかみにできた時の正しい洗顔方法

 

画像

こめかみのニキビはシャンプーやリンスなどのすすぎ残しでできたり
洗顔やスキンケアがが行き届いていなかったりすることが原因です。
熱いお湯で洗うと肌の保湿性分やセラミドなどのバリア機能が
一緒に流れて乾燥の原因になるのでお風呂に入る時に一緒に
洗うのはあまりオススメできません。
洗顔の時に髪がかかってしまう長さの場合はターバンをしたり
ヘアピンで止めたりしましょう。

 

正しい洗顔方法

 

手洗い、予洗い

画像

手は意外と雑菌などで汚れているものです。
洗顔料の泡立ちが悪くなったり顔中に雑菌が広がってしまうので
洗顔前に必ず手洗いしましょう。
予洗いの時は30℃〜35度位のぬるま湯で洗いましょう。

 

泡立て

洗顔料でそのまま洗うと刺激が強すぎて肌が傷ついてしまうので
泡立てネットなど使って泡を作りましょう。
手の摩擦で肌に必要な角質や皮脂が落ちてしまうので
洗う時は泡で洗うようにします。

 

洗顔

画像

皮脂などが気になる時以外は基本的に泡を転がすように洗いましょう。
洗顔料が付いているだけで汚れや皮脂を吸着してくれるので
ゴシゴシ強く洗う必要がないのでやさしく洗いましょう。

 

皮脂の分泌の多いTゾーン(おでこや鼻やこめかみ)から洗い
Uゾーン(顔周り、顎下)最後に頬や目元や口元など洗いましょう。
洗っている時間が長いほど肌への負担が大きくなるので
すばやく洗うようにしましょう。

 

すすぎ&保湿

画像

予洗いと同じぬるま湯ですすぎましょう。
こめかみやもみあげや顎下などすすぎ残しが多く
すすぎ残しで肌荒れやニキビにつながるので
何回もすすいで、洗顔料が残らないようにしましょう。

 

洗顔の後は乾燥しやすいので化粧水や美容液で保湿しましょう。
数回に分けてたっぷり塗りましょう。
1回だと塗れていない部分が出てきたり量が少ない場合があります。